根性トウガラシ

しばらく前のニュースの 「根性大根」に感動した私。
毎朝 チャタの散歩に行く途中の坂に
こんな トウガラシが生えている。

a0030368_9322899.jpg


冬の寒い中の 赤い実は
はっとするほど 目を引く。
弱虫で 根性ナシで いいわけばかりで すぐ凹む私だけど
そんな朝
早く早くと私をせかして走り出すチャタと 
このトウガラシに
元気付けられる。

「わんこDiary Part2」として エキサイトで細々と
やってきましたが
古巣のJUGEMが サクサクに改善されたので
そろそろ戻ろうと思います。
ただでさえ ノロノロブログなのに イヌ日記だけで2つもあると
ますます ダメそう。。。
それでなくても 最近は 写真すらあまり撮ってあげてないし。。。

いずれこちらに書いたものも JUGEMのほうに移動するつもりですが
それも いつになるか。。。。ヾ(--;)ぉぃぉぃ

というわけで
エキサイトでのイヌブログは 今日で 閉店。
これからは
わんこDiary
で 更新します。。。。。の予定。。。。

a0030368_9374721.jpg


お世話になりました<(_ _)>
我関せずの チャタと
着ぶくれの 私。
[PR]

# by hiromi_sss | 2006-02-14 09:40 | 柴犬

自動イヌ洗い機

日曜日は暖かかったので チャタをシャンプーした。
チャタは シャンプーがキライだ。
以前は ダンナが洗う係りだったけど 嫌がるチャタにあまりに怒るので
1年前から私の役目。
ヒーヒー泣くチャタを なだめつつ しっかり押さえて がしがし洗う。

去年 オープンしたばかりの大きなホームセンターに行ったら
ペットウォッシュハウスというのがあった。
500円で セルフでシャンプー&ドライができる洗い場(なんて呼べばいいんだろう?)が2ヶ所。
そして 洗車機のような 自動イヌ洗い機があった。
そこには ちょうどグレートピレニーが入れられたばかりで
四方八方からシャワーがふりかかり イヌは目を見開き
わんわん吠えて ガラス窓をばんばん叩く。

最初は 興味深げに見ていたギャラリーも
写真を撮りかけていた携帯をしまって しーんと静かになる。
お店の人が 飼い主さんに
「あとで たくさんおやつをあげて下さいね。」
と 声をかけていたけど
飼い主さんのお子さん達は
「かわいそう。」を連発。
お母さんだけが
「あんたたちは この子のシャンプーがどれだけ大変か知らないからそんな事言うのよ。
だったら あんたたちが シャンプーしなさいよ。
これなら 楽にできるじゃないの。」
と言っていた。

確かに グレートピレニーのシャンプーは大変だろうな~。
でもでも できることなら
私も いつもチャタに暴れられてずぶぬれになって大変だけど
「よしよし 大丈夫だよ もう少しだよ」と声をかけながらすることが
大切なのではないかと 思ってしまう。

多分 あのイヌはもう自動イヌ洗い機に入りたがらないだろう。
うちだったら 途中で
「もういいです やめます」と言ってしまうでしょう。

寒い季節になってからのシャンプーを私がめんどくさがると
ダンナが
「じゃあ 自動イヌ洗い機に入れる?」
と必ず言うので 
まず 逃げるチャタをつかまえるところから はじめます。

a0030368_0323568.jpg


シャンプーの後は 私もチャタもぐったり。 

 
[PR]

# by hiromi_sss | 2006-01-18 00:33 | 柴犬

いい子

気がつけば 新しい年ももう10日を過ぎ 昨日は鏡開き。
母が作ったおしるこはおいしかった。
チャタが ぴったりくっついてくるので
とても 食べにくかった。

3年前 家に来たばかりの頃のチャタは
いつも 小さく震えて おびえて
どうしていいかわからないように不安げで
そんなチャタに私達も ずいぶんとまどった。
ダンナは 「りゅうに比べたら ダメ犬」とまで言うし
かわいそうなチャタ。

「おいで」と呼ばれると 1歩手前でとまる。
アタマをなでてあげようとすると 後ろに下がる。
ゴハンの時 「よし」といっても 誰かが見てると食べ始めない。
そんなチャタだったけど
私はいつも
「いい子だね 大丈夫だよ。」と言ってきた。

チャタが家に来て3年たって ようやく心を開いてくれたのか
それとも ただおとなになっただけなのかはわからないけど
チャタは 去年の秋頃から 感情表現がゆたかになった。
キライな犬には 歯をむき出して怒ったり
私達が出かけるときには 悲しげに キュンキュンないたり
帰ってきたときには ぎゃわわん ぎゃわわん と走り回って喜んだり
なでてあげると 体をすりつけて甘えたり
ゴハンを ガツガツ食べたり。。。 

昨日 トリビアスペシャルで
私のダイスキな
例の「もし飼い主が倒れたら 助けを呼びに行く雑種の犬は。。」を見てたとき
ダンナが
「ママがいつも チャタを可愛がってきたから チャタいい子に育ったよな。」
といいました。

<( ̄- ̄)> エッヘン!
そうでしょう そうでしょう。
私が育てたチャタは とてもいい子なのよ。

a0030368_13422732.jpg


ほら チャタも偉そう。
[PR]

# by hiromi_sss | 2006-01-12 13:43 | 柴犬

戌年

2006年は 戌年
柴犬チャタの年。
チャタは 今 3歳なので 次の戌年の時には 15歳。
う~~~ん 微妙です。
現役で もう一度 戌年を迎えられるかな?

元気で 長生きしてね。

a0030368_2261281.jpg

[PR]

# by hiromi_sss | 2006-01-03 22:06 | 柴犬

年末のお墓参り

a0030368_13113324.jpg

年末のお墓参りに行った。
1年無事に過ごせたことのお礼に
いつもよりていねいに お掃除する。
お彼岸の時は いつも 慌しいから。

今回は チャタもいっしょ。
お掃除の間 チャタは おりこうに 待ってます。

ふだん 気付かないけど
チャタって かなりおりこう。
待てっていうと 
吠えたり いたずらしたりしないで ちゃんと 待ってる。
私のしつけが よかったからかな~←ウソ。

こうやって 1日 いっしょにお出かけしてると
チャタはうれしそう。
カラダから
「うれしい うれしい うれしいっ」
って 聞こえてくる。
[PR]

# by hiromi_sss | 2005-12-29 13:17 | 柴犬

りゅうの誕生日

12月24日は クリスマスイブで りゅうの誕生日でもある。
10年前のクリスマスイブ
りゅうは 3匹の兄姉と ともに生まれた。
りゅうの 兄姉は 今でも元気なのかな。。

でも そのことを思い出したのは
TV番組のエンドロールに流れる 山下達郎の「クリスマスイブ」を聞いてる時に
次女が 
「今日は りゅうの誕生日だね。」
といったとき。
その言葉に
私と ダンナと 長女は 
「あーっ 今まで 忘れてたよ。どうしよう~~」

ダンナが
「今生きてるチャタをいちばんに思ってあげようよ。
 りゅうのことは 思い出したときに りゅうのことを考えてあげればいいじゃないか。」
と言ったら
娘達は
「りゅうのこと ダイスキだったのに 最近 写真の顔しかあたまに浮かばないよ。」
と言った。

私も そうかもしれない。
いい思い出は どんどん美化されて 
そうでないことは 忘れてしまう。
さびしいけど 仕方ないことなのかも。。。
でも りゅうのこと 忘れたわけじゃないよ。
大切に思ってるよ。
思い出す回数が 少し 減ってしまったとしても。。

ご近所のイルミネーション。
りゅうと散歩した頃は まだ少なかったね。
a0030368_0142620.jpg

[PR]

# by hiromi_sss | 2005-12-26 00:14 | 柴犬

いぬのえいが

「1リットルの涙」を見て 娘たちと泣いた後
チャンネルをかえて 「いぬのえいが」を見た。

「ポチはまっていた」のポチは 柴犬なので
それだけで 泣きそう。
娘たちは
「ヤマダ なにやってるんだ。」
ヤマダに厳しい。

ヤマダは 最後 また あの枯れ草の中にボールを投げた。
それは なぜ?
ポチは 最初から あの草むらにはいるのは 不安だった。
ヤマダために 取りに行って ふたりは離れ離れになった。
ポチは もう死んでしまってるから お別れの儀式として
もう一度 あの枯れ草の中に投げたの?
なんだか いまひとつ 納得できないです。

「さよなら マリモ」は
まさに りゅうのとき 同じように思ったので
ぐしょぐしょになりました。
りゅうもきっと マリモのように 私達家族を見ていてくれたのでしょう。
そんな りゅうだったから
私も
また 犬と暮らしたい と思って チャタが やってきた。

チャタも りゅうと同じように 思ってくれるかな?
私達より ずっと短い犬の命。
いつか必ず来てしまうお別れの時まで 精一杯愛して そして愛してもらおう。


いぬのえいが プレミアム・エディション
いぬのえいが プレミアム・エディション
[PR]

# by hiromi_sss | 2005-11-15 23:36 | 柴犬